お金とは_

「お金」とは「価値を提供した結果に得られる物」

あなたは、「お金」について考えたことがありますか?

インターネットビジネスを初めてしばらく経った頃、ひとつの疑問が生まれました。

 「お金」ってなんなんだろう?

ネット上で調べてみると
お金とは、人間社会において、欲しいものや必要なものを手に入れるために使われる物体及び
その概念である。

物理的には、ただの金属系の塊と印刷された紙…
しかし、その「お金」を基に経済が成り立っている。

「お金」がなければ、商品を購入したり、サービスが受けられず、遊びや旅行にも行けない。
衣・食・住ができす生活が出来ない。

人々は生活の為、遊ぶ為、生きる為に「お金」は必要不可欠である。

そんな「お金」を得るには、物やサービスを売ることでと交換できて「お金」を得ることが出来る。
当たり前だが、「物やサービス」と「お金」の交換は人と人の間で行われる。

人と人の間で行われることといえば、それは「コミュ二ケーション」である。
「お金」はコミュ二ケーションのひとつのツールと考えて良いのでなないかと思います。

そして、「物やサービス」の価値が高ければ多くの「お金」が必要になる。
すなわち、「お金」は「価値を提供した結果に得られる物」なのではないだろうか?

もし、今よりも多くの「お金」を得たいと思ったら、「今よりも沢山の価値を提供する」必要がある!