korona_04_1

【新型コロナウイルスの感染症対策はいつまで続くのか?】

今日、本政府が取ってる政策は、専門家会議のアドバイスを受けて、ピークを抑えるという方法
です。
それはピークがあまりも急激に上がってしまうと、医療キャパシティを超えてしまいます。

結局のところ、一番の目標というのは、「死亡率を下げる」ということになります。
死亡率というのは、致死率とは違い、致死率というのは基本的に感染した人のうち、何人が亡くなる
ことをいいます。

それに対して、死亡率というのは分母の部分が人口全体になります。
なので、社会としてどれだけ人を死なさないかということを目標にする医療のキャパシティを保った
まま、少しでも流行を遅らせることによって、しっかりと治療をしていくことで、救おうという戦略
です。

そうすると、ピークが潰れることで、基本的にはクラスター(感染者集団)の発生などの数も下げる
ことになります。
ツリー上に急激に上がってたものを伸ばすと、後ろがダラダラ長くなってしまいます。

なので、対策をすればするほど、いつ終息するかがわからなくなり、そもそも終息の定義がしにくく
なってくるという現象が出てきます。

実は比較するならば(SARS)ではなくて、2009年の新型インフルエンザだろうというが
あります。
どうしてかといいますと、2003年の(SARS)はピークが急峻で中国内で収まって完全終息
したからです。もうして、症例がゼロになりました。

ですが、2009年の新型インフルエンザの場合には、実はピークを抑えたことにより、だらだら
続いて、実は流行というのが今も続いています。

そうなると結局、今回もそれに一番近いシナリオが考えられますので、終息というのはむしろ
ウイルス学的に 押さえ込んだとか、症例がなくなったという臨床的なことより、
 ・社会がどこまでこれを受容したかということ
 ・薬が、治療法が開発されたり、ワクチンが出てきて恐れるに足りなくなった時
という2つの可能性があります。

そうすると、社会が受容するのが先なのか、ワクチンだと多分半年以上、治療法だと3月多くの
試験の結果が出てくると思います。
けれども、そういうことで報道などが落ち着いてきたときに初めて終息になっていくのかなと
思います。

だから多分、治療法が開発されたり、ワクチンが出てきてその後、ワクチンが開発された頃に
社会が許容することを予想しています。

【私たちができる対策!感染を防ぐためどんなこと気をつけて行動すべきか?】

まずは、国の専門家会議が発表している中にヒントがあります。
感染する3つの要因として
 ・とにかく人が集まるということ
 ・声を出したり、歌ったりという、飛沫を飛ばすような環境にある
 ・換気が悪いということ
があげられます。

基本的に人が増えると人と人との距離も、ディスタンスも狭くなり、これがリスクになっている。
間接的に、そういったことを考慮し、この3つ主に踏まえて考えると、
例えば、小さい会場を借りて換気の悪い200人許容のところに、200人入っているライブ
なんかは結構、危険である。

でも例えば、満員電車に対してあまり激しく「危険だ!危険だ!」言ってないのは中で歌って
なくて、飛沫が飛んでないからです。
そう考えると、その3つが合わされば、合わさるほどリスクが上がると考えられますので、そこを
避けられればある程度は実施可能であると捉えていく方がいいと思います。

例えば、公園で散歩する、公園で遊ぶ、公園で戦隊もの、レンジャーみたいなものをみるっていう
のであれば換気はよいです。
別に声援もそんなにたくさん飛ばさなければ、飛沫もそんなに飛ばないです。

【適切な対策?東京ディズニーランドや宝塚の自粛制限のケースはどうなの?】

korona_04_2
例えば、ディズニーランドならば、基本的に人がすれ違う程度であれば、飛沫感染のリスクは
非常に低いです。 ただし、接触感染の方はリスクが高い場所がある可能性があります。

例えば、ジェットコースターで手すりを持つ場所とか、人が共通して触る場所です。
ジムで流行って広がってしまったというのはおそらく、ジムの機械を複数の人が触ったりして
いたことが原因と考えられます。

なので、そういうポイントの対策が出来ていれば、決してリフトは高くはないと思います。
宝塚に関しても、そこは非常に落ち着いていて、だれも声援をめちゃめちゃ出したり しない
わけですから、症状のある方が入ってこなければかなり、リスクは低いと思います。

だから、症状のある人、例えば、くしゃみ、咳が止まらない方をとにかく入れないことです。
入場する時に熱を測るとか、そういう対策をすればかなり、リスクは低く抑えられると思います。

先ほどの「感染する3つの要因」、あとは接触感染のリスク、それの合わさりぐあいで感染率が
変わってくるので、感染を防ぐには「感染する3つの要因」に注意することが大切になります。

スポンサーリンク