161128citizen_theory_of_relativity_top1-w960

時間とは「取り戻せない!全てにおいて一番大切な資産」である。

時間は、有限であり確かに存在してる!

時間とは、楽しい時はあっと過ぎてしまい、嫌な時、苦しい時は永遠に感じる。

人は、形あるものを目で見ているこで「存在している」と無意識に認識している。

しかし、「時間」は目に見えない、けれども確かに一瞬々の繰り返しで出来ている。

「時間」、確かに存在はしているが、本当に存在を感じる、認識しているとは言い難い。
普段の生活を何気なく過ごしている状態ではまず、意識していないのではないだろうか。

せいぜい、仕事が忙しくて「時間がない!」と思うぐらいだろう。
本当に「時間は大切だ!」と意識している人はそんなにいないのではないだろうか。

唯一、「時間」は取り戻すことができない!
そして、理論的に「時間は無限ではない」とわかっている。
なぜならば、人は必ず亡くなるから、その時、自分に与えられた時間はなくなる。

「無限ではない」とわかっていながら「時間は有限である」ということを本当に
意識して日々生きている人はそんなにないのではないだろうか。

時間、本当は「お金」よりも大切!

時間がないと何もできない、生きていけない。
時間は世の中の人が最優先している「お金」よりも大切!

しかし、人は無意識に「時間」より「お金」が大切と思って行動しているのではないだろうか。

例えば、欲しい物を買いたくて安く売っているお店を探すことだけに長い時間をかけたりする。
今は、ネットで安いところを探して買える時代、時間の短縮ができる時代である。
ただし、探すのが好きでお店を探し回るのは個人的に何も問題ではない。

「時は金なり」

昔の人は、本質的で的確な言葉を残している。

時間は一番大切、なぜならば、この世の全てを創り出し、創り出す最も必要な要因だからである。
例えば、今の地球が創られたのも、我々人間が創られ進化、成長できたのも時間があったからではないだろうか?
花も土に種を巻き水を与えても、育つ時間がなければ成長できず花を咲かせ実をつけることもできない。

そんな「時間」を大切に!

自分自身、後どれくらい時間があるかわからないが後悔しないように有効に「時間という資産」
大切に生きていきたいと思います!