03_tomato-1205699__340
遅い時間の飲み会が続き、食べ過ぎ飲み過ぎでお腹周りにお肉がついてしまったことです。
まず、今まで履けていたズボンが履けなくなりました。自分は周りからも細いと言われていたこともあり、その事実を認めることができず、服を買いに行っても痩せた時のサイズを買って、履けなくなるという負のスパイラルに陥っていました。

また、家の階段を登るだけで息が少し上がるようになってしまいました。ちょっと体を動かすだけで壁に当たったり等、生活する上で不自由を感じるようになりました。ダイエットしなきゃなーと思いながらも、休日はだらだらしてしまい、日曜日の夕方ぐらいから何も行動していない自分に絶望して、ずっと自分を責める時間やインターネットで、私よりも悪化している方を見つけては、自分はまだマシだと言い聞かせていました。

改善する為にまず逃げれない状況を作る事にしました。 今までは通勤に車を使っていたのですが、電車通勤にして駅を降りた後は、徒歩で15分程度歩いていました。ただ歩くだけではすぐに車通勤に戻ってしまうような気がしたので、歩いている間だけ好きな音楽を聴けるというルールを決めました。

更に、今までつい断り切れず行っていた飲み会のお誘いも、 車通勤から電車通勤にしたことやダイエットを公言することで断りやすくなりました。本当に自分にとってプラスになる飲み会にだけ行くようにすることで、身体のみではなく精神的な部分や金銭的な部分も安定するようになりました。

食生活は極端なダイエット食生活にしないように、一品おかずを減らす、間食しないなど無理のないことから取り組むようにしました。この生活を2ヶ月続けた結果、体重はダイエットする前に戻りました。今までのズボンも履けるようになったので安心しました。周りからも最近痩せて可愛くなったね、と言われて嬉しかったです。

また、今まであまり興味のなかったファッションも気にするようになりました、ショッピングする時もコーディネートを楽しんで以前より楽しい時間を過ごせるようになったような気がします。 通勤は車から電車のままです。変えたことで、社外のお使いを頼まれることもなくなり、仕事の時間を確保することが出来ました。

間食はたまにしてしまいますが、自分へのご褒美ということで以前はお腹を満たすだけだったものが、味なども楽しむようになりお菓子を選ぶ楽しさを憶えることが出来ました。気付いたらお腹周りにお肉が付いちゃった人向けです。 ただ、体重を短期間で10kg以上減らすといった急激なダイエットを期待している人には向きません。無理せずストレスを溜めないように、少しずつ元の生活に戻していきたい人向けです。

ダイエットは個人差がありますので、絶対これで成功させてやるというよりもこういうやり方もあるんだ、参考にしておこうぐらいの姿勢の人向けです。ダイエットは厳しくつらいもの、この苦難を乗り越えて理想の体型を手に入れるよりも、自分の生活の中でひとつずつ変えていって、自分にとってより良い生活を自然と自分のルーティンの一部にしていく感覚が持てる人がいいと思います。

スポンサーリンク