07_yoga-3053488__340
耳がボワッとなり、音が聞き取りにくくなりました。耳鼻科にて急性低音障害型感音難聴と診断されました。 ドラマや映画を見ているときに、男性俳優のセリフだけが聞き取りにくくなってしまい、その度に巻き戻して確認するようになっていました。また、夫との会話の途中でも何度も聞き返すことが増えたので、夫が少しムッとしていたように思います。

そして、大好きな音楽を聴いているときもやはり低音が聞き取りづらいために、曲がおかしく聞こえてしまい、好きな曲を心から楽しめず、悲しくなりました。更に、ずっとではないですが、耳の中がボワーとなり、飛行機に乗っているような状態で自分の声が響いて会話するのが気持ち悪くなることもありましたし、疲れていると耳鳴りが酷くなります。

命に関わるような症状ではありませんが、日常生活においてところどころ不便を感じるなという状態でした。 原因はストレスや寝不足によるものと言われたので、まずは睡眠を重視するようにしました。耳鼻科では血流を改善する薬をもらいましたが、ずっと薬に頼っていてはダメだと思い、意識的に体を動かすようにしました。

産後ずっとさぼっていたランニングを再開し、普段からたくさん歩くように心掛けました。更に良質な睡眠をとるためにはどうしたらいいかと調べていたところ、ヨガがいいとの回答がたくさんでてきたので、YouTubeで動画を見て毎日寝る前に軽くヨガを行うようにしました。見よう見まねではありましたが、毎日続けているうちに少しずつ体が柔らかくなってきて、血流が改善してきたように思います。

特に肩こりが改善されて、随分楽になりました。ヨガの深い呼吸をすると寝つきもよくなりましたし、私には非常に合っていたようです。 体を動かすと、ストレスが発散されて前向きな気持ちになることに気が付きました。余計なことを考えずにぐっすり眠れるようになったと思います。体力もついて、疲れにくくなってきました。

特にヨガの効果はひしひしと感じています。まず、する前とした後では肩周りの軽さが全然違います。こんなにも凝り固まっていたのか、とびっくりしました。そしてヨガの深い呼吸は気持ちを落ち着けてくれますし、ポジティブな気持ちにさせてくれます。

普段意識していないときはとても浅い呼吸をしていたし、場合によっては呼吸が止まっているときもあったんだな、と初めて知りました。私の影響で子どももヨガが好きになり、一緒に動画を見て楽しめるようになりました。 幼い子どもがいる人はどうしてもストレスがたまりますし、睡眠不足になります。けれどもそれを放置していると、私のように耳の調子が悪くなったり、ひどくなるとメニエール病になってめまいが起こるようです。そうなると日常生活に大いに支障が出ると思われます。

ついつい子どものことを優先してしまうのは当然なのですが、自分の体にも時々は向き合っていかないと、後々大変なことになるなぁと思いました。自分を大切にしてこそ子どものことも大切にできると思います。とにかく睡眠不足だと人はマイナス思考になってしまうので、子育て中の方は合間にちょこちょこ隙を見つけては寝るようにしてほしいと思いました。

スポンサーリンク