04_glass-3097577__340
近視だけど、メガネやコンタクトレンズを使うと、邪魔だったり目が乾いたり、とても不便に感じることがあります。 小学校2年生の時に学校の視力検査で引っかかり、眼科へ行きました。「近視なのでメガネをかけなくてはいけない。」と聞いた時は、とてもショックでした。

当時、メガネにあまりいいイメージがなかったからです。6年生まではメガネをかけて過ごしました。中学生になって、2週間使い捨てのソフトコンタクトレンズを使うようになりました。レンズを洗ったり専用の液につけたり、毎日のお手入れは少し大変でした。レンズが目の中でずれてしまった時やゴミが入った時は、とても痛かったです。レンズをうっかり破いてしまったことや、落としてなくしてしまったことも何回もあります。

社会人になってもコンタクトレンズを使用していたのですが、パソコンで作業をする仕事だったので、目の疲れ、乾きなど、目の悩みは増えていきました。 目の症状が良くならなかったので、色々調べてみた結果、レーシックを受けることにしました。まずは病院で、視力や角膜の厚さなどのいくつかの検査をしました。手術を受けることができると判断されたので、すぐに予約をしました。

「視力を良くしたい!」というのが子供の頃からの悩みだったので、迷わず決断しました。日帰り手術なので、金曜日、仕事が終わった後に病院へ向かいました。実際の手術時間は15分ほどです。麻酔をし、目の周りを固定された時には、さすがに緊張しました。でも、お医者さんや看護婦さんが、「とてもうまくいっているよ。」と常に声をかけていてくれたので、不安にならずにすみました。

病院で休憩をした後、電車に乗って帰宅しました。週末ゆっくりと目を休めて、月曜日からはメガネもコンタクトレンズもなしで、仕事に取り組みました。 レーシックを受けてから10年が経ちましたが、とても快適な毎日です。手術後すぐは、見えすぎてクラクラするほどだったのですが、それはすぐに落ち着きました。毎日のお手入れが必要ないこと、目の乾きなどの症状がなくなったことで日常生活がとても楽になりました。

そして何より、よく見えること!それまでは裸眼でいると、少し離れているところの文字が読めなかったり、誰がいるのかがわからなかったりしました。それはとても不安なことでした。手術をしてからは、裸眼でも街中で困ることはなくなりました。旅行に行く時に、メガネやコンタクトレンズを持参しなくていいというのも、大きなメリットです。自分の目で景色を観て楽しめるのは、とても嬉しいことです。目の手術ということで少し勇気がいりましたが、レーシックを受けてみて本当によかったです。

「スポーツをしていて、メガネやコンタクトレンズがあるとプレイしにくい。」
「子育てをしていて、コンタクトレンズのお手入れをする時間がない。」
「仕事で長時間パソコンを使うので、コンタクトレンズをしていると目がひどく乾く。」
「メガネやコンタクトレンズなしで、旅行を楽しみたい。」
「災害が起こった時に、メガネやコンタクトレンズをつけなくては見えないというのは不安だ。」
など、近視でメガネやコンタクトレンズの使用を不便に感じている人には、レーシックがとてもオススメです。

日帰りなので、忙しい人も受けやすい手術です。目のことなので躊躇する人もいるでしょうが、一度病院で話を聞いてみるのがいいと思います。

スポンサーリンク