本田健の人生相談

本田健の人生相談

本田健 『ユダヤ人大富豪の教え』をはじめ、著作シリーズは700万部を突破する作家
     お金と幸せの専門家、本田健が、毎週リスナーの皆さんの質問に、本田健独自の
     「立体話法」で直接お答えする番組
     ライフワーク、お金、ビジネス、パートナーシップ、親子関係など、質問者が
     聞きたいことを本田健がお答え。
     あなたの人生を進めるたくさんのヒントときっかけが得られる。

第235回「子どもの才能を見つけるには?」

質問 親として、子どもの才能を見つけるにはどのようなことが
   できる?

健さんの講演会で才能を見つける方法のところで、両親に見つけてもらうというのがありました。
今、私は3才の息子がいるのですが、親として子どもの才能を見つけるにはどのようなことが
できるか教えてください。

回答 ・才能がないと興味をもたない
   ・物を作ること興味を異常に示したとしたら、その子にはその
    才能があるということ

例えば、才能が見つかる時、両親がこの子凄く歌の才能があるとか、数学の才能があるとかって
見出してくれるとのいいと思うんですけど、なかなか普通いかないんですよね。

例えば、両親がもし、しっかり物が見れる人だったら、この子にはどういう才能があるのかという視点で
見ていると思うんですよ。
例えば、音楽を聞かせたらすごく体が動くとか、その8割は親バカの可能性はあると思うけれど

この頃 ちょっとなんか他の子と違うぞ、みたいな才能は必ずあるはずなんですね。
それをやっぱり上手に引き出すような、例えば、運動の能力とか、人と人と一緒につなぐ能力だとか

なんかリーダーシップをとるようなとこだとか、まあそうの見てあげるとすごくいいでしょうね。

 あの、今の話聞いて思ったんですけれど、例えば、その親が自分ができなかったことをどこか。
 押し付けてって言うとアレですけど、自分が果たせなかった夢をお願いしたい場合とか、そうすると、
 それはあくまでその子自身ではなくて、自分を投影しちゃってるような、その本当の才能の見分け方
 って結構難しいんじゃないですか?

そうですね、あとはだから親が出来ることとしたら、いろんな才能の原型をもってる人を周りに
うろうろさせるってことですよね。
 お子さんの周りに

そうです。例えば、そのミュージシャンの友達がいたら、ちょっと楽器を触らせてもらうとか、
ビジネスマンだったら、どういうふうに仕事をしてるの見せてもらうとか、職人さんぽい人だったら
物を作っているところを見せてもらうとか。

そうすると、4歳、5歳ぐらいからだと、子どもってその興味を持つんですよね。
才能がないと興味をもたないんですよ。
 ああそうですか。

なので、物を作ること興味を異常に示したとしたら、その子の才能のあるってことですから。
 そうなるとあくまで、その本人がきちんと生かされるというか、本人の意思ですよね。
そうですね。

質問 ネガティブの感情をガソリンに変える具体的な方法を教えて
   ほしい

以前、Dear Ken の中でネガティブの感情も前に進める、ガソリンとして使うことができると
健さんが話してました。
ネガティブな感情があると落ち込んでしまい、とてもそれをガソリンに変えられる気はしません。
ガソリンに変える具体的な方法を教えてもらえると嬉しいです。

回答 ・落ち込むっていうのは、エネルギーが下にさがっている
   ・落ち込んでいるエネルギーを上にあげると怒りや情熱になる
   ・落ちこんでいるときは、自分に対して怒っている
   ・自分に対して、誰かに対して、世間に対して怒りってある
    かもしれないが、その怒りを抑圧するとうつになる
   ・自分の怒りを「わぁ~」って出すことが情熱につながる
    ひとつの方法

例えば、落ち込むっていうのは、エネルギーが下にさがっているんですね。
それが、上に上がると怒りになるんですよ、だから怒りを押し込めると落ち込むことになるし、
落ち込んでいるエネルギーを上にあげると怒りや情熱になるんです。

なので、落ち込んでいるエネルギーを上にあげると爆発的なエネルギーになるんですね
だから、何に対して怒っているのかっていうのを見るといいと思います。

 何に対して怒りを感じている。 
例えば、落ちこんでいるときっていうのは、自分に対して怒っているんですね。
何でできなかったんだんだろうって思っていることは自分に対して怒ってるんですよ。

だから例えば、よしこさんだったとしたら、「よしこのばか」、自分を罵倒してみる、
「何であなた、こんなこともできないの」怒ってみるとだんだん元気になってくるんですね。

その落ちこんでいるっていうことにをひとつとってみても
そのネガティブなエネルギーがあるわけですよね、それを表現すると、それでその人は情熱的になる
もんなんです。

 そうですか、じゃあ逆に考えてみると、怒りたくないからあえてその逆の方にいってるっていう
 人もいますか?

そうやって 落ち込むんですね。
自分に対して怒ってたり、誰かに対して怒ってたり、世間に対して怒りってあるかもしれませんけど
その怒りを抑圧するとうつになる
んですよ。

なので、会社に対して、パートナーに対して、自分に対して怒りがあったとしたらそれを上手に
出さなくちゃダメなんですね。
例えば、枕を叩いてもいいから、とにかく自分の怒りを「わぁ~」って出すことが情熱につながる
ひとつの方法
だと思います。

 出過ぎてもあれだし、押さえすぎてもバランスが崩れちゃうってことですか?

そうやって押し込めがちな人はやっぱりもっと出さなくちゃいけない。

スポンサーリンク