母親に包丁で刺された驚愕の出来事を告白。さすがのGACKTも焦る・・・

質問 けんかをしているとき反射的に包丁、ナイフなど、隠す、
   私とおねえちゃんはふらちですか?

私のお父さんとお母さんがけんかをしているとき反射的に台所にある包丁、リビングにある
ナイフなど、目で合図してほかの場所に隠す。

私とおねえちゃんはふらちですか?

回答 僕、ものすごく切れちゃって、反抗期だったんだよね。
   もう、たぶんね、刃物とね、縁がある人生なんだよ。

偉いです!、うちもそうでした。
ほんとね、ナイフとかね 包丁とかっていうのはね、ほんと危ないよ!
いろんなこと思い出すよね。

悲惨な少年時代、プスッて刺されるとね、止まるよね時ね、おなか見るよね。
母親とけんかしててさ、これやられたときね、かなりショックだったよ、僕、本当に

あのね、包丁がね、たまたまキッチンでね、けんかになったんだよね
そんとき 僕、ものすごく切れちゃって、反抗期だったんだよね。

たまたま、その当時付き合っている彼女のことを悪く言われたわけ、僕それに切れちゃって
で、けんかになって、そしたら僕に、たまたまそこに置いてあった包丁をとって、僕のお腹にね
あてたんだよね、刃先をうちの母親がね。

で、僕も勢いがついているじゃないそんときって
「刺せるもんだったら、刺してみ、おらぁ~!」っていった瞬間に、プスッて刺されたんだよね。

すいませんみたいな、もしもしみたいな、ちょっと入ってます!みたいな、
びっくりしたね、本当に、ほんと、びっくりした、うん、
あれはね母親、うわてだって思ったね、本当に焦った。

「あんたも殺して、わたしも死ぬわ」っていわれて、もう、最悪やぁっとか思ったしね。

もう、たぶんね、刃物とね、縁がある人生なんだよ。

で、そんなわけで今日の降らし度 42~3%

スポンサーリンク