男なんてちょろい。バ○で金持ちが本当に多い!

レースクイーン、「ちょろいもんよ」が口癖

私の周りにレースクイーンをやっている友達がいました。
その子は 人前に出る度胸をつけるためにレースクイーンになったんですが、作り笑顔がとても
大変といっていました。
しかも1回のギャラがメチャメチャ安く、よっぽど有名なレースクイーンにならないと食べて
いけないと言っていました。

しかし、女の子にスポンサーがつくと話は別です。
その友達はシャネルやグッチなどの高級ブランド品を持っていて、やはり男にもらったものばかり
でした。
男の人は聞いたら怒るかもしれませんが、「ちょろいもんよ」が口癖でした。

この業界「バカで金持ち」のちょろい男ばかり!

いやいやそんなもんです、ちょろいんです!
本当にちょろいんです、男なんて。

世の中の男っていうのはいくつかの種類に分けられる。
極端のこというと四つに分けられるんだよね。

「金持ち」、「貧乏」、そして「バカ」、「賢い」
これを組み合わせなんだよね。

「金持ちでバカ」
「金持ちで賢い」
「バカで貧乏」
「バカで金持ち」

で、世の中で一番貴重とさせる、こういうお金貢いで欲しいなあと思っている女の子たにちに
貴重とされる 間違いなく「バカで金持ち」

業界多いいです。
本当に多いいです。

「バカで金持ち」
もうね、本当にこの業界ってね、バカで金持っている人いっぱいいるから。

いっぱい知ってるよ、いっぱい紹介できる。
ただし、バカだから飽き性なんだよ、みんな。

もたないんだよね、大切にしないから。
お金、使うだけ使うんだけど、お金持っているからあんま気にしないんだよ、みんな。

で、使うだけ使って、飽きたらポイッと捨てる。
本当にそれでいいんですか?

ちょっと、やっぱり疑問残るわけですよ。

「賢くて金持ち」
この業界にはね、ほとんどいません。
いないです。

そして、「賢くて貧乏」、いないです。
この業界で一番多いのは「バカで貧乏」です。

しょうがないんだよ!

これはね、この業界にいる人たち全員がわかっている方程式なんだよ。
やだね、「ディレクター」とかね。
「プロデュースサー」って肩書きね。

やだ、やだ、ホントやだ。
もうね、嫌な噂いっぱい聞くもん。

ひどい、「ディレクター」って言葉にね、女の子が弱いって思ってるんだよ。
大間違いです。

なぜ男はね、その肩書きに女の子が勝手に酔っちゃうと思っているかもしれないけど
その肩書き通用しないから。

20年前ならいざしらず、ダメダメ、そんな肩書きいっちゃ。

スポンサーリンク