本田健の人生相談

本田健の人生相談

本田健 『ユダヤ人大富豪の教え』をはじめ、著作シリーズは700万部を突破する作家
     お金と幸せの専門家、本田健が、毎週リスナーの皆さんの質問に、本田健独自の
     「立体話法」で直接お答えする番組
     ライフワーク、お金、ビジネス、パートナーシップ、親子関係など、質問者が
     聞きたいことを本田健がお答え。
     あなたの人生を進めるたくさんのヒントときっかけが得られる。

第106回「お金の不安を癒すには?」②

質問 そろそろ本気で人生を変えたい

健さんの本が大好きでたくさん読んでいますが、そのたびにこのままじゃいけないと思いつつ
といった趣味もなく好きなことが見つからないのでその一歩を踏み出せていません。
ネガティブ思考というのがあるかもしれませんがそろそろ本気で人生を変えたいと思っています。
こんな私にアドバイスをお願いします。

NYARU_cyottohonki_TP_V

回答 大抵、誰かから何か誘われて変わっている
   誰かの誘いっていうのが実は、人生で最も大事なもの1つ!
   誘いがかかる人になるか、こない人になるかが運命の分かれ目
   人間関係を広げないと運がやってこない
   人間関係をつくるって、平たくいえば友達を作ること!

この方もう一歩踏み出しているんですね、こういう質問をすることで

次の一歩を踏むのにあと何年かかるのかってことですよね。
人によっては5年かかるかる人もいれば、5分で変わる人もいるかもしれません。
二歩目をどうするのかでお話しすると、人が変わる時っていうのは意外にシンプルなことがきっかけの方が
多いですね。

今、社会的にすごく活躍しらっしゃる方に聞いても、ある時までは普通のサラリーマンだっり、OL
だったりしてるんですけど、一本の電話、誰かに何か進められることから劇的に人生が変わっている
んですね。

そのあることって大抵、誰かから何か誘われて変わっているんです。
例えば、森永卓郎さんというのはある友達から電話がかかってきて
テレビでないかという電話から全てが変わっているですね。

誰かからの誘いていうのが実は、人生で最も大事なもの1つで
その誰かから誘いがかかってくる人と、こない人が運命の分かれ目だとそういう風に思います。

 かかってくる人になるにはどういう心…

そのためには、人に会ってないとダメなんです。
例えば、職場だけだったらダメってことですよね。
だから、人間関係を広げないと運がやってこないってことなんです。

そしてアイツ面白そうだなって、電話をかけたり、メールをしたりしたいって思える相手にならなくちゃ
ダメだというと
ですね。

だからそういった意味で、誰かと知り合いになって友達になりそうなその場所に出て行くとですよね。
それは趣味のサークルかもしれないし、誰かの後援会かもしれないし、絵の展覧会かも知れないし
とにかく人間関係をつくるってことを、まあ平たくいえば友達を作るといいですね。

知り合いを作るってことが
大きな最初の一歩になるんじゃないかと思います。

そこから人生っていうのは転がっていくようにできてると思います。
 ご縁は大切ですね。
それが大切にできる人が人生を変えれるだと思います。


スポンサーリンク