本田健の人生相談

本田健の人生相談

本田健 『ユダヤ人大富豪の教え』をはじめ、著作シリーズは700万部を突破する作家
     お金と幸せの専門家、本田健が、毎週リスナーの皆さんの質問に、本田健独自の
     「立体話法」で直接お答えする番組
     ライフワーク、お金、ビジネス、パートナーシップ、親子関係など、質問者が
     聞きたいことを本田健がお答え。
     あなたの人生を進めるたくさんのヒントときっかけが得られる。

第120回「お金に対する欠乏感を癒すには?」

質問 お金に対する欠乏感を癒すには?

今日は人類の欠乏感について聞きたいです。
このあなたのお金はどこに消えたぐらいの時にすごくお金に対してダークサイドがすごく出てきたんです
ね、一週間ぐらい。

そこですごくお金に対して怒りができて、地元九州なんですけど、九州でたった1万何千円かを奪うために
タクシー運転手を殺した人とかいたり、そこで貧しい国の情報が入ってきたりとか、なんかお金がなくて
自殺した人とかなんか連続できてすごくお金に対してイライラしていました。

地球が、全人類が普通に暮らせるだけの食料とか提供しているのに、なんでお金があるないとかで、
それが受けれる受けれないが決まるんだろうとか。
お金に対してそれを奪おうとして殺すとかって、そういうのがあったらお金がない方がよっぽど人類幸せ
じゃないのって思ってすごく怒ってたんですね。

それで、落ち着いて考えて、じゃあお金が消えたら世の中、幸せになるかっていうとそうじゃないて
お金がなかったらこんな食べ物とか宝石とかを奪い合うだろうと思って、それは自分たちが何か欠けてて、
これがあったら満たされると思って取りに行くっていうのでお金に欠乏感を投影させてるんだって
思ったんですね。

でも、それでお金がなかったら今度は、食べ物とか名声とかに行くんであれば欠乏感が消えない限りは、
幸せというか、世界平和とかそういう理想の世界、僕が勝手に思っているかもしれないけどそれにならない
んじゃないかと思って、その欠乏感を癒すのってどうしたらいいのかなっていうのが質問です。

CH9V9A0044_TP_V

回答 欠乏感は、何かを得ることで満たすことはできない
欠乏感を癒すには与えるしか方法はない!

これはすごく大きなテーマで自分も10代の頃からずっと考えてることなんですけども、それが今のその
作家活動とか公演やセミナーをやってるひとつの原動力になってるわけですけど、この欠乏感っていうのは
曲者なんですよね。

なぜかというと、これは、何かを得ることで満たすことはできないんです。

例えば、お金がないと思っている人が貧乏だったから苦しかったんだと勘違いしてお金を稼げばい
いいと思い実業家になる人、実業家で成功している人でそういうのが多いいわけですけど、
それでは全然満たされないんですね。

それで、10万稼いでも、20万稼いでも、100万稼いでも、10億稼いでも、20億稼いでも全然
満たされない。何故かというと、欠乏感が問題だからなんです。

その、欠乏感っていつのは得ることによって癒せるものではないんです。
欠乏感を癒せるのは与える事によってしか癒せないんです。

お金がないと感じる人はお金をあげればいいんです
愛がないと思った人は愛をあげればいいんです
欠乏感の一番のポイントは、「あなたがあげなくちゃいけないものがありますよ」っていう一つのサイン
なんです。

愛が足りないと思ったら愛をあげ、食べ物が足りないと思ったら食べ物をあげ、お金が足りないと思ったら
お金をあげ、感謝が足りないと思ったら自分から感謝をすればそれは自動的に満たされるものである
そういうふうに思ったらいいと思います。

与えうことによって満たされる感覚っていうのをあじわうっていうことですか?

例えば、お金がないと思っている人にね、自分のお金を一部あげたとします。
そうするとすごく豊かな気分になります。

ということは、人に与えることで、はじめて人っていうのは満足感を感じる。
例えば、もう10万円を稼ぐことで人は豊かさを感じないですが、今持っている10万円を誰かにあげて
喜んでもらうことで、満足感と豊かさを感じることは出来るんです。

そもそもなんで欠けてるって思っていることろが

それは神様のみぞ知るってことですけど、自分の理解としては、だからこそ与え合うっていうことが
できる。

例えば、パートナーでも全く満たされていたらそこにはロマンスがないです。
でも、欠けてるって思うときに相手に与えたいっていう深いところから感じるロマンスのエネルギーから
与えるとすごく満たされる。

その喜びを奪わないために、欠乏感が存在しているんじゃないかなって個人的には思っいています。

欠乏感があるからこそ、その中で与える神様がそこで与えれるように与えてくれたんだと思うと
すごくピンとくるというかいいです。

欠乏感が出たときに愛を与えたり、それを癒すチャンスをもらえたっと思えばいいんじゃないかと思います。
そうするとすごく喜びになるんです。

だって、パートナーの欠乏感を癒そうと思って 自分の愛が来てないと思って誰かを愛することで愛が
いっぱいになったら欠乏感があったほうがよかったということになるんですよね。
その方がカップルは盛り上がるはずです。


スポンサーリンク