エピローグ 自分と向き合う試練を経て

自分の「お金の器」はいくら?

お金の器を計るのは簡単!

どれだけの現金を見せられて心が動くかでわかる。

あなたは目の前にいくらの現金があったら心が動くだろうか?
1万円、10万円、100万円、1000万円、1億円…

心が動いた現金、その金額があなたの「自分の器」である!

真に自由な人間とは

真に自由な人間はお金から解放されているだけではない、お金をも解放している人間で
ある。

普通の人間はお金について怒り、憎しみ、嫉妬、喜びなどを感じている。

それらは本来お金とはまったく関係のない人間のものだ。

そういうしがらみからお金を解放して欲しい。

それができれば周りの多くの人も自由にしてあげられる。

お金を解放していない人間は、お金にずいぶんひどいことをしてしまっている。

多くの人がお金の奴隷から解放できれば、それと同時にお金のすべての偏見から解き放たれるだろう。

学べる人、学べない人

人は、「プレッシャーをかけないと学べない人」と「それをしなくても学べる人」の
2通りがいる。

何をするにも「自分のやりたいこと」で「周りを喜ばせること」「全員がたのしめること」という集合を
頭の中に描くこと。

混乱の恐れの中で人生を生きている!

成功を求めたある者は自分の野心におぼれ、傲慢さという落とし穴にはまりセクシュアリティーを
統合できずに混乱していった。
金持ちになりたいという動機を持つ若者だからこうなるのも無理のないことかもしれない。

自分の生活に満足してあまり社会的な事柄に興味を持たなくなってしまった者もいる。

いま、この瞬間にもお金に関する悲しみ、怒り絶望は世界を覆っている。
それはまさしく人間の人生に対する悲しみ、怒り、絶望でもある。

自分が誰かを理解することなく社会やお金、社会、家族にこづき回されて
混乱の恐れの中で人生を生きているのだ。

真のリーダー、真の自由人とは

リーダーは決して一人ということはない。
自分の人生の目的に気づき、それを100%生きようと決めたとき、その人はリーダーになる

自分を知ること!
自分の中にある痛み、偏見、傲慢さ、愛、友情などすべてを受け入れること。
それができて初めて真の自由人となる!

経済的、感情的、社会的、精神的…あらゆる意味で自由になる。
この自由を手にした者だけが他人を自由にすることができる。

ビジネスをゼロから作り上げられる人間は、世界中どこへ行っても豊かになることができる。

ビジネスは理論わかったとしても自分でやってみなければわからないことがたくさんある。

人生でも最も難しいことは

人生でも最も難しいことは、過去を受け入れること!

過去をありのままに受け入れ、自分や周りの人、社会、歴史をすべてを許してあげること
すべての人が彼らなりのベストを尽くしたのだからそして、それは全員にとってベストだったのだから

自分と向き合う、過去を受け入れ未来をしっかりと見つめ、現在(いま)を真剣に生きる
べきである!


スポンサーリンク