レッスン7 ビジネスをマスターする

お金の「知性」と「感性」とは

「稼ぐ力」「満足する力」といってもいい
その両方のバランスをとることで幸せと心の平安が生まれる。

ただし、その2つが簡単に身に付けば誰も苦労はしない。やはり時間がかかる。

「稼ぐ力」の「お金の知性」とは

① お金の特性を知る お金がどういうふうに流れるか、その仕組みをマスターすること
② お金の得方を知る
・相続するか、もらう
・仕事を得る
・ビジネスを知る
・不動産収入を得る
・投資の収入を得る
③ 収入のチャンネルを増やす
④ 収入を増やす  その人の状況によって収入の増やし方は違うことを知る必要がある
⑤ システムをつくる
いくら稼ぐのがうまくても、それがシステムになっていなければ富を築くのは不可能である。
⑥ 人を豊かにする
人を豊かにしながらお金持ちになっていかなければ長期的な成功はあり得ない
⑦ 時代の流れを読む
⑧ 税務・法律に詳しくなる

「満足する力」の「お金持ちの感性」とは

① 受け取る
② 楽しむ 本来、お金とはとても楽しいもの!
③ 感謝する
④ 喜ばせる
お金を使って人を喜ばせることは最も楽しいことだ。
しかし、多くの人は「お金を使うこと」に罪悪感を感じている。
⑤ 人生の大きな流れに身を任せると
⑥ 信頼する
自分と周りの人への信頼がある人だけが、幸せで豊かな人生を送ることができる。
⑦ かわち合う
お金をわかち合うと豊かになる、その効果は絶大である。
⑧ 癒す

お金の「知性」と「感性」の矛盾

お金の知性では「お金を稼げ、賢く使え守れ、増やせ」
感性では「受け取れ、味わって、信頼してわかち合え」

これって矛盾 それが、「稼ぐ力」、「満足する力」である。

たくさん食べて太ればいいというものではない!
自分の体にとって適量というものがある。

ビジネスと単なる金儲けの違いとは

「美学」が伴わないとビジネスではなく、単なる金儲けになる。

【美学 6つの条件】

①人を喜ばせること!
人を脅かしたり感情的に弱みにつけ込むことで、一時的に売り上げを上げることができても
長期的な利益にはつながらないもの
②多くの人を巻き込むこと!
少数のお客様を相手に商売して成功しても安定しない
ひとつの商いの金額が少なくてもそれが積み上がるようなビジネスをしなければいけない
お客が新しいお客を連れてきてくれるようなビジネス
③お金の流れを生むこと!
大切なのは売り上げではなくキャッシュフロー
売り上げをいくら上げても、それがキャッシュにならないと意味がない。
それは単なるボランティアである。
④かかわる全員がハッピーになるような仕組みをつくる!
ハッピーになるというのは経済的、感情的、その他あらゆる面でハッピーになることである。
⑤リピート率が高いこと!
自然と多くのリピートが得られるビジネスであること。
⑥感動、感謝、癒しを起こすこと!
ビジネスにおける感謝、感動は、ビジネスを成功させるためのガソリンみたいなものである。

ビジネスは詐欺、博打ではない!

ビジネスとは安定した収入を継続して得るシステムである!
そのシステムを構築するには、そこにかかわる全員がハッピーでなければ、長期的に継続できない!

うまくいかないことは失敗なのか?

うまくいかないのは失敗ではない!
うまくいかない方法を発見しただけである!


スポンサーリンク