SEO対策の効率的な考え方

キーワードが適切でなければ、SEO対策の意味もなくなりますので、双方が協力して行なうこと、
一緒にキーワード設定についてアプローチしていくことは重要なことなのです。
また、SEO対策や、サイト運営に関する経費に余裕がある企業は、すべてお任せしてしまうことも
よいのでしょうが、もし、それにかけられる予算があまりない場合は、
どこからどこまでをお願いするか、外注する作業を選択したほうが良いでしょう。

お願いする業務範囲を、「ここからここまで」というように決めたほうが良いです。
一般的に言いますと、検索結果の順位をチェックや、アクセス数のレポート作成などは、業者に
任せずに出来る範囲だと思います。

SEOのセミナーなどでも教えてもらえることですが、対策の方法や、その対策がきちんと効果を
出しているのかチェックする方法があります。
そうした検索結果順位を確認する作業などは、出来るだけ社内で行うべき範囲でしょう。
社内でセミナーなども開催し、勉強する機会を増やすことも大切ですね。

また、反対に、サイトのレポートを上げたり、集計したりという業務は、言ってみれば、企業にとって
収益にならない作業です。
こうした作業が短時間で済めばよいですが、これに大事な時間を大きく割かれてしまうと、企業としても
ダメージだと思います。

所謂、価値の低い業務にかける時間は、なるべく減らすことが大切です。
その分、サイトを、より有効に使う戦略を立てるなど、前向きな作業に多くの時間を費やして欲しいと
おもいます。

企業で導入でお勧めなSEO対策方法

企業で導入するなら「エンタープライズ型」ツールなどがお勧めです。
このツールがあれば、手作業でデータ収集、レポート作成が不要になります。
最新の検索順位や、サイト改善のための情報などが、タイムリーにゲットできるようになりますので、
とてもお勧めのツールです。

他にも、企業の担当者は、SEO対策について、コンサルされたことには迅速に対応することです。
セミナーでもよく言われることですが、このスピード感が大切だと思います。

例えは、「検索エンジンのアルゴリズムが変更になった」というような情報をもらった場合などの
対応です。
最近のSEOセミナーに参加した方は、ご存知でしょうが、アルゴリズムが変更になり、有料リンクが
不自然に多いと、サイトの評価が下げられるようになりました。

こうしたことには、もちろん業者は情報をキャッチすることが早いですが、企業担当者に
「有料リンクはマイナス評価になったので、すぐに外してください」とアドバイスをしたと
します。
コンサルタントが、こうした情報をいち早く伝えたとしても、担当者が即、行動しなければ、
評価は下がる一方です。

ですから、企業側のSEO対策の担当になった方は、こうした動きにすぐ対応できるように
スタンバイすることが必要となります。
また、すぐに対応できる技術もある程度は必要です。
そして、こうした動きを迅速にするためには、担当者もチャンスがあればセミナーに参加するなど、
自分自身も進んでSEOの勉強をしておくことですね。

SEO対策を企業で導入した場合の考え方

強要されてしまうと、人間は弱いものですから、ちょっとした裏技などを使ってしまうケースもない
とは言い切れません。
こうなっては、双方によくないことです。
一時的に1位を取れたとしても、その後の評価が落ちることになっては意味がありませんから、結果を
強要することはしないほうが良いです。

SEOは業者へ丸投げで行なうものではなく、一方的にどちらが強く言うことでもなく、双方が協力して
やっていかなければなりません。
ですから、企業もSEO対策を外注する以上、お客さんの立場ではありますが、SEO対策業者とは、
協力してやっていく気持ちが大切です。
また、サイトをリニューアルした後、放置することはやめましょう。

何も動かない、何もしないということは、順位は下がる原因になります。
SEO対策セミナーでも、良く耳にすることですが、オフィシャルサイトをリニューアルさせたこと
自体で満足してしまうケースが多いそうです。
ですが、動かしていかないと意味がありません。

せっかくのSEO対策も、サイトを動かして行かなければ、そのサイトの評価は、下がる一方だと思って
おきましょう。
動きということは、コンテンツを制作することにも関係しています。
みなさんもご存知のことでしょうし、初心者のセミナーでも良く話されていることですが、Googleの
評価はコンテンツの良さが関係していると言われています。
そもそも、Googleはサイトの意図に合っている、きちんとしたコンテンツを作っているサイトを
評価します。

スポンサーリンク