あなたは、お金について考えたことがあるでしょうか?

ネットビジネスを調べている中、お金とはそもそもなんなんだろうと考える時がありました。

お金とは、人間社会において、欲しいものや必要なものを手に入れるために使われる物体及び
その概念である。
また、「価値の尺度」「交換の媒介」「価値の保蔵」の機能を持つ。 浪漫ともいえる。
人が生きていく上で重要な要素の一つでもあり、命そのものとする人もいる。

そもそも物理的にはただの金属系の塊と印刷された紙…
しかし、そのお金を基に経済が成り立っており、そのお金がなければ、商品を購入したり、サービスが
受けられず、遊びに行こうと思っても遠くへ行とこも出来ない。そもそも、衣・食・住ができす生活が出来ない。
だから人々は生活の為、遊ぶ為、生きる為にお金を欲しがる。

そんなお金を得るには、物を売るかサービスを与え、その結果、交換、対価としてはじめて得ることが出来る。
そもそも、お金のやりとりは人と人の間で行われ、人と人の間でしか行われない。

人と人の間で行われるといえば、それはコミュ二ケーション!
ということはお金はコミュ二ケーションのツールと考えて良いのでなないかと思います。

また、その金額の大きさはそのコミュ二ケーションの大きさ、価値に比例するのではないだろうか?
すなわち、お金は「価値を提供した対価」ではないだろうか?
よってお金を沢山得たいと思ったら、沢山の価値を提供できなければ得れないのではないだろうか?

あなたは、どう思いますか?

スポンサーリンク